2005年11月20日

K−1 WORLD GP決勝戦、セーム・シュルトが初優勝

オランダ巨人兵がGP初制覇を成し遂げた。
212センチのセーム・シュルトが13戦無敗でK−1の頂点に立った。
8歳から空手を始めてるシュルト、大きいだけじゃなく技術も持ってます。
そこが、チェ・ホンマンとの違いか?
それにしても、レミー・ボンヤスキーが何も出来ずに負けるとは思わなかった。

PS2 K-1 WORLD GP 2005(新品)11月発売
posted by okiraku at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


2005K1GP決勝シュルト優勝
Excerpt: K1GP決勝を地上波で放送された順番に感想を書くぞ 1.ボヤンスキーVSホンマン・・・ボヤンスキー勝利と 思ってたけどKOで勝って欲しかったが勝ったから良い 2.バンナVSアーツ・・・バ..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-11-20 16:50

FieLDS K-1 WORLD GP 2005 in TOKYO 〜決勝戦〜
Excerpt: 相変わらず不可解な判定があったものの、セーム・シュルトが圧倒的な強さで優勝。フィ...
Weblog: 信乃助's BLOG
Tracked: 2005-11-23 12:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。