2006年05月15日

K-1ボブ・サップ、ドタキャンだった

昨日のK-1オランダ大会での目玉の一つアーネスト・ホーストvsボブ・サップ戦。ボブ・サップの体調不良によって急遽ピーター・アーツが代役で出場。
前日の「すぽると」にも出ていたボブ・サップ、体調不良ってダメだなぁ〜なんて思ってたんだが、なんと実際は試合をボイコットしてた模様。
自身の4試合前に、K-1を主催するFEGと地元プロモーターを相手に無理難題を押し付け、拒否されると試合30分前に「やらない」と通告して会場を立ち去り、そのまま行方をくらませたそうだ。
ボブ・サップが何を考えてそうしたか解らないが、この行為は最低だよ。
対戦相手のアーネスト・ホーストの顔に地元で泥を塗る行為だし、観客をもバカにしている。
事実、急遽オランダが生んだ2大K-1王者の対戦になった、アーネスト・ホーストvsピーター・アーツ戦の後半に、互いにあまり打ち合わなくなったためブーイングが起こる始末。
そりゃそうだろう。いくらピーター・アーツでも、3月にセーム・シュルトと対戦して以来ろくに練習してない状況で、解説で会場に来たのに直前になって試合に出てくれと頼まれたみたいだ。
シュルトからトランクスを借り試合に出たが、いい動きが出来るはずもなく・・・
アーネスト・ホーストもそんなアーツとやっても面白くないだろし、サップの行為にかなりはらわた煮えくり返ってたんじゃないかな?
そして当然こんな試合を見せられた観客も腹が立つ。
これでもうボブ・サップは、K-1に出れないんじゃ?
これを許してしまうと、K-1自体がダメになっちゃうよ。
posted by okiraku at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツネタ2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17848412
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。