2006年04月19日

天海祐希さすが今春ドラマ視聴率トップ

女優・天海祐希が主演するフジテレビの“月9”ドラマ「トップキャスター」の初回平均視聴率が、この日までにスタートした4月改編ドラマの中で最高となる23・1%の高視聴率をたたき出した。
さすがは天海祐希。主演ドラマ「女王の教室」でも高視聴率を獲得するなど“視聴率の女王”とも呼ばれる天海祐希だが、さすがの貫録を見せつけた。
「視聴率の女王」と呼ばれる天海祐希の主演作「トップキャスター」が、好調に滑り出した。今春スタートの連続ドラマとして、TBS「渡る世間は鬼ばかり」の20・5%を抜き、トップに躍り出た。
17日の初回視聴率23・1%は、最近5年の月9視聴率をみても7位にランクイン。
これより上位にある作品は、木村拓哉の「HERO」「空から降る一億の星」(明石家さんまとW主演)「プライド」「エンジン」、香取慎吾の「人にやさしく」「西遊記」と主演が男性の作品ばかり。女性主演作では、最高視聴率となった。
天海祐希は、昨年出演した日本テレビのドラマ「女王の教室」で、冷血な教師役のキャラクターが受け大ヒット。今回は、民放局のニュース番組を舞台に繰り広げられる物語の中で、伝説のキャスターを演じている。スクープ至上主義で一見冷酷で内に秘めた優しさを持つ役だが、また新たなキャラクター確立の雰囲気を漂わせている。
フジテレビの担当プロデューサーは「天海さん、矢田さんをはじめとするキャストとスタッフの情熱が、視聴者の皆さんに届き、大変うれしく思っております」とコメント。
さてドラマの展開とともに、今後に視聴率の展開も気になります!

女王の教室 DVD‐BOX
posted by okiraku at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人ネタ3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16765518
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。